カテゴリー
Scrapbook

対コロナウイルスの各国政府の失策

人民を分断するのは支配の常套手段のひとつと言われる。

「コロナ禍」が持つ人災の側面は積極的に検討されるべき。この側面が新しい、より適切な「コロナ対策」を産む。

人々の身体や生活に何が起きているのか。それはなぜ起きているのか。どうすれば守れるか。それらの対策を含む、より適切な対策としてこれから何ができるのか。

これらを語るきっかけが、以下のように日本でも芽生え始めた…と、思いたい。

「コロナは、政府の不作為など『人災』の側面もある。国民が目を向け、国民同士でいがみ合うのではなくきちんと『政治のせい』にできるかが分岐点」

「帰省警察」に「クラスターフェス」、極端すぎませんか? 現実直視できぬ社会 作家・中村文則さんと考える – 毎日新聞

特集ワイド:「帰省警察」に「クラスターフェス」、極端すぎませんか? 現実直視できぬ社会 作家・中村文則さんと考える

https://twitter.com/1955Toru/status/1298531322336391170?s=20
蓮池透 午後5:02 · 2020年8月26日

うまい。見えない支配者たちはほんとうにうまい。

各国政府のほとんどは、おそらく何も知らず、単にこれ幸いと人民をバラバラにして弱体化させ、制圧した。

一方で、国同士もバラバラになった。厳格な国家的ロックダウン(鎖国)を行っている国々は、誰とも手を取れない。

巧妙にして邪悪。手に負えない…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください