京都人は親切が嫌い

京都人は、親切にするのはもちろん、親切にされるのも嫌い。

その理由は、親切の見返りを求められるから、というわけではない。京都人は互いに嫌味や嫌がらせが大好きなのを知っているから、相手の親切の裏を読まずにはいられない。

  • 恥をかかせて喜んでいるのではないか。
  • 自分を良く見せようとしたのではないか。

などと思うのだと、わたしは想像している。わたしが親切にしてもあからさまに「迷惑そう」な態度を取る。礼すら言わない。言葉を発しない。

誰かがバスで物を落としたとする。だれも拾わない。たとえ足元に転がり込んでも、知らん振り。しっかりじっくり見るけど、見ない振りをする。

この習性は、まさしく「習性」と呼ぶべき性質は、子どものときから育まれている。

バスで杖をついて乗るわたしを「しっかり見た」座っている小学生がどういう態度を取るか。

(わたしには「小学生が座っている」という事態が信じられないが、座っているし、座りたがるし、杖をついた人や高齢者に譲ることもない)

目を逸らすのである。二人掛けの座席に一人で座り、横にカバンを置いていても、窓の外を眺める。

わたしが近づいても当然無視。

「譲ってもらってもいい?」

とお願いすると、しぶしぶ、のろのろとカバンを膝に載せる。

先に降りるときも、「早くどけ」とばかりに急かす。完全に停車するまでは動けないから「ごめん停まるまで待って!」とお願いするのだが、とにかくカバンを脚を突き出して急かす。当然声は無い。単に態度で示すだけ。

こんなに嫌がらせが好きなのに、どうやったら生活が成り立つのだろう? 人生が楽しめるのだろう? と不思議に思う。

そう思って見ていると、どうやら「いつも顔を合わせる人」に対してはそれなりに気を遣うようだ。そういう人もいるようだ。

「DVするパートナーにも良いところはある」という話と同じだと思うので、評価に値しないし、かえって悪質な印象操作にしか見えないが。

……京都は住むところではないです。悪意にばかり遭ってストレスが溜まって、京都ごと嫌いになるだけです。たまに来て花や紅葉や仏像を見て帰ってください。

Googleは言語学者を最初に集めたと聴きますが

グーグルの言語処理能力が政府にわたっ(てい)たらと思うとゾッとする。たとえばGmailの優秀すぎる迷惑メール判定機能。特定の文章を誰かが明示的に「NG」と設定しなくても高精度で「NG」を正しく判定する。この技術をどうやったら正しく使える?

ピンと来ない人が少なくないと思うけど、GoogleはDNSの暗号化を推進してる。なぜできるかと言うと、Chromeとそのプログラムのシェアが大きいから。この「DNS」が牛耳られるのは検索結果が握られるよりもっとずっと恐ろしい。道を自由に付け替えられるに等しい。

DNSの「ハイジャック」が成功すれば、いわゆる「ダークウェブ」を自由に決められるようになる。「うちの検索に出てこないサイトはダークウェブだ」と言えるし、みんな信じる。誰もが「自分の力でネットを調べてる」と信じてるから。Google見てるだけなのに。

現時点でも「おかしいな、見つからない」が増えてる。検索結果が握られてる。DNSの支配はこの恐怖を超える。

持続化給付金と中抜きと電通と派遣

梶山弘志経済産業相は「先の事業者については初めて聞いた」と驚きを隠さなかった。

持続化給付金「再々々々委託」=政府も全容把握できず

まさしく世間知らず。

超大手企業がウン億円で「請け負った」公共事業を玄孫以下の請負や派遣に投げるのは「ふつう」!

なんだったら、電通や大日本印刷(あとは富士通やキヤノンやNECその他大手企業)から子や孫の派遣会社が仕事をもらうように、社会がなってる。

システムが直らず悪いままなのは派遣法で技術者を専門職から外したから。たとえ形だけでも「専門性が高い」としておく必要はあった。当たり前だ。素人の広告とプロの広告に歴然とした差があるように、プログラムやシステムにも差がある。

「システム開発の会社に社員のプログラマーがいない」という状況が不自然ではなくなった。だからシステムは直らない。悪いまま。申請が難しいのも、システム開発を請け負っているのが二流三流だから。

一流の技術者は公共事業なんかに携わらない。派遣社員じゃないから。派遣を受け入れるような会社の社員でもないから。

公共事業はたっぷり中抜きして、絞りカスで非正規(外部)労働者に任せるのがモダンな儲け方。

与党のおかげです。

中抜きはよくない。でもそれがどうしてこうも簡単に成り立つようになっているかと言ったら、中間搾取がしやすい制度を「派遣法改正」を繰り返して「改善」し続けてきたから。

談合=事前面接は、違法ながら、派遣の世界では欠かすことができない慣行。守っている会社なんかひとつもない。守っていたら派遣できない。受け入れてもらえない。

だれも良いものを作ろうと思ってない。

儲かればいい…生活費が稼げればいい…借金が返せればいい…責任は受注元にある…責任は発注元にある…

この国は、労働者を貧乏にし過ぎた。

かつて貧乏だった日本で人々ががんばれたのは、希望が見えていたから。クソみたいな種々の差別は蔓延していたけど、それも「よくなる」と思えた。実際、それなりに良くはなっていった。

今は違う。年金はなくなったから死ぬまで働かざるを得ない。定年はなくなる。もしなくならなくても再雇用で非正規労働者として最低賃金で働くことになる。老体に鞭を打ち続ける自分が見える。

イノベーションだなんだと予算をつけて実績ある企業に任せても、やるのは一番下のゴミ人間。良くなるわけがない。どこかすみのほうにお金が流れ込んで、それで終わり。

こんなバカな金遣いをしてるくせに「金がない」と政府は言う。バカ過ぎる。使い方を知らない。そりゃそうだ、多重派遣・多重請負の実態すら「知らない」んだから。

国がやっているのは「政治ごっこ」だ。それを見る大衆は「民主主義ごっこ」につき合わされている。

もうたくさん。うんざりだ。

政治をやろう。社会はわたしたちみんなのものだ。弁士や官僚のものじゃない。

金𫞂日に金玉摘出

経緯

20歳から続けてきたホルモン剤の服用。数年前から薬が手に入れづらくなったため、初診のGID外来で自宅近くの医師を紹介してもらい、2017年の7月から注射に切り替えた。

注射の方が効果が強いものと思いきやさにあらず、一年ほどした頃から、永久脱毛したはずの髭が徐々に生え始め、脇毛とともに脇の臭いが復活し、陰毛が長くなり、陰茎も長くなり、かつ起ちやすくなり、強めの女性ホルモンの効果で上がっていたタマキンは下がってきて、なんとなくハゲが進行した気もしてきた。

極めつけは、今年に入ってから頭に血が上りやすくなったこと。すぐ起こるし、大声で威圧したり、手が出そうになることが増えた。

同居している友人にこれ以上迷惑をかけるわけにはいかない。これはキンタマのせいだ。キンタマを取ればマシになるはず!

と一念発起。ちょうど貯金もできていたこともあって、キンタマを取る決心をした。

Read more

昔はよかったと最近よく思うプログラマーに、わたしはなった

「財源はないと言っていた県がお金を出し始めた」という話を聴いて、システム開発の現場の上司を思い出した。ベテランで何でもできそうなのに「それは○○だからできない」とすぐ言う初老。肯定的な要素をいくつか挙げても「それは○○」と全部否定してくる。「どうすればできるか」を考えない。

ただのマウンティングおやじだから、できない理由を思いついても否定するわたしからすると目の上のたんこぶ。合わない。見下しが激し過ぎて知らないことも知ったかぶり。会話が成り立たないのにぐちゃぐちゃ言うから同じことを何度も繰り返させられる。コードは書ける人なのに極めて頑迷。

システム開発の半分はアイディアだと思う。「速く簡単に良いものが作る」には知識と柔らかさが要る。「こうすればできる」と言うプログラマーが多かった時代は客が図に乗って大変だったけど、今思えばあれは「余裕」があったからでぎていた。今はみんなギリギリ。時間もお金もない。

いつも言うけど「貧すれば鈍す」は本当!お金がなければ時間(納期)もなくなる。時間がなければ試行錯誤ができなくなる。試行錯誤がなかったら知識と経験に枝葉がつかない。そのうち無価値なものしか作れなくなる。大きく言うと、これが日本のやってること。

昔は楽しかった。会社の予算が許す限り何でもやらせてもらえたし、客とデザイナーの要望を元にシステムを作り上げるのは刺激的だった。派遣社員を駆使した極端な分業化が進んだせいで、プログラミングとコマンド叩きは単純作業と言いたくなるほど想像力が要らない仕事と化した。

派遣社員として携わるシステムは、どれもぐちゃぐちゃ。つぎはぎだらけ、禁じ手の山。既存の機能に未知のバグが見つかる。でも構わない。納期までに終われば何でもいい。出来が悪くても収まれば利益になる。利益のための安い派遣社員。

先の質より目先の利益。政府がアレ、社会はコレ。親子だね!

あなたのiPhoneの自動ロック時間が変えられない理由

わたしのiPhone(iPhone X)が自動ロックされるまでの時間が30秒以外に変えられない原因が長いことわからなかったのですが、ここ最近続けてきたGoogle断ちの一環でGSuiteをやめた時、ようやくわかりました。

GSuiteの端末管理のせいでした。

GSuiteを使うようなひとには自明だからなのか、これを原因として挙げている解説サイトは皆無…というわけで、ここに書いておきます。

それにしても、GSuiteをやめるのは骨折りだった…。

No emperor, no…what?

No emperor, no prejudice.

No emperor, no class.

No emperor, no war.

No emperor, no winding Tokyo subways.

*Subways in Tokyo don’t run under the Palace.

I want to say like above.

Actually, nobody can say such things simply (except the fourth one). We never get rid of prejudices, classes and wars from the world, even from this small island.

But still I want to say “No Emperor! No Ten-no!” on this inadmissible coronation day. Under the emperor Hirohito, Japan militant invaded surrounding countries in Asia. After losing of war, Japan saved this Emperor System as if it never caused the evilest historical misdeeds by Japanese.

The “symbol” should have been stored as the symbol of apologies, anti-violations and total remember. We must get rid of this system built in this country and teach its risk to the leading generations.

Never welcome the new era before the farewell to Emperor.

少年Aと同い年

「少年A」について考える時、わたしが少年と同い年であることを意識せずにはいられない。

週刊現代 (2015-06-23)

神戸連続児童殺傷事件から18年、手記を発表 あの酒鬼薔薇聖斗はここで生きている

実際に、わたしは人にはとても言えないようなことをこの少年同様したことがある。もちろん殺人ではない。詳細は拷問でもされなければ言うことはないけど、わたしは一時期、確かに少年と同じように異常だった。やったことの大小はある。でも彼我に明確に線が引けるとは思わない。

あの異常な少年が生きているのと同じようにわたしはまだ生きている。少年はやったことに対する公的な罰を受け、果たした。わたしは公的には何ら罰せられることはなかった。

幸いにして、少年は犯罪を重ねなかったようだし、わたしもしなかった。

「似ている」と思う。「違う」と言うこともできるけど、あえて「違う」と考えることに意味を感じない。良い意味はないと思う。言うまでもなく「同じ」ではない。ただ「似ている」ことを否定したくはない。

人は悪人を裁きたがる。厳しければ厳しいほど意味があると考える。被害者に親身になればなるほど加害者が憎らしくなる。自分自身に置き換えて体が震えるほど怒ったり悲しんだりする。

そんな人の存在を時々意識しては「自分が加害者になる場合について考えることはあるのかな?」と思うことがある。言い訳や自己弁護が赦されないほどの罪を犯すことは、もちろんあんまりない。でも、何かの拍子にし得る。

階段ですれ違う人にわざと肩をぶつける人は、その時に「怪我しろ」「死ね」と思ったりしてないかなと、思うわけです。

邪魔だからぶつかっていい

これが異常でなくて何なんだろう?

少年Aとは「似てない」の?

似てると思うけどなぁ。

街を歩いていると遭遇する『わざとぶつかってくる人』についての話

退職金か、年金と失業手当か

虚構新聞かと思った。退職金支払いが義務?ガス抜きもたいがいにしてほしい。日々月々の高い税金を失業手当と年金に当てる方が先だよ。

そして文中の「普通の企業でも退職金制度がない企業が22.2%もある」にもビックリ。わたしの感覚とかけ離れてる。一桁じゃないの…?

BUSINESS INSIDER (2019-08-09)
➥派遣社員も来年4月から退職金がもらえるようになる。契約社員やアルバイトは?