カテゴリー
Scrapbook

冬からノロウイルスがどう流行るか気になる

コロナウイルス騒動のせいで、スーパーやドラッグストアやショッピングモールあたりに行くと、出入口に置かれている消毒液を神経質に手に擦り込む人をよく見かけます。

これがほんとうに安全なのか、ずっと気になっています。コロナウイルス感染症を恐れるあまり、別のウイルスに感染しやすくなっていないか、消毒する人を見かけるたびに心配になります。皮膚の良い常在菌を殺せば、免疫力はそのぶん弱るからです。

わたしは常在菌を殺したくないという思いと手が荒れるのを気にしてやらないことにしています。良い菌が殺された後に悪い菌がつくかもしれないなら、良い菌を育てたいのです。良い菌がいれば、悪い菌やウイルスに対抗できるからです。

それに、無意味さも気になります。消毒されていない部位があるからです。ハンカチやマスクにでもついていたら目も当てられません。つかない可能性が考えられませんし、誰もが知っている事実だと思います(だから「せめて手だけでも」と消毒するのでしょう)。ウイルスへの曝露は避けられないわけです。

結局、ウイルスに対抗する最後の砦は免疫です。体の免疫細胞の7割を占めると言われる腸の環境を維持するために、強ミヤリサンは今後何年も続けると思います。

消毒液は基本的に体によくない

直観的にわかる通り、消毒液は体に良いものではありません。皮膚だけならまだしも、口元や粘膜等にでもついたら分かりやすい悪影響が出るはずです。丁寧に調べてくれた記事があるので参考にしてください。

ともあれ、擦り込むのは勝手です。擦り込んでいようといまいと、罹ったら苦しむのは同じです。気をつけていそうな人たちが感染しているようですから、どっちにしろかかるんだろうと思います。

わたしが気にするのは子どもへの悪影響です。子供は、障害の免疫力を決める重要な時期です。そんな時に消毒液に曝露したらどうなるか。菌やウイルスを善悪の別なく殺される環境に生きるのはどういうことか、気になって仕方ありません。

消毒液がついた大人の手は、子供の顔の高さにあります。

赤ちゃんや幼児は、消毒液がついていても、気にせず顔を触るものです。体にいいはずがありません。あると言う人がいたら示してほしいです。

ましてや、子供への薬物の影響は大人より大きいです。大人も含め、皮膚や体内の常在菌が殺され続ける環境がどういう帰結に至るかわかるのは、これから何年も何十年も先です。

弱った腸にノロウイルスが効く

というわけで、ノロウイルスが猛威を奮ったりしないかなと心配しています。消毒のおかげで入りにくくなっているとしても、「いったん入れば感染する」のであれば同じことです。罹らないようにならないなら、同じでしょう。

…ノロウイルスは、目的の小腸の細胞に吸着して感染するために、隙間がある構造(非感染型)になって食道や胃などの消化管を通過し、小腸にたどり着いて隙間がない構造(感染型)に変化するとみられるという。

通常、口から侵入したウイルスは消化管で免疫システムの攻撃を受ける。村田准教授は「非感染型で免疫システムを欺き、目的の小腸に近づく間に感染型に変身すると考えられる」と話す。

研究では、ヒトでも同じ遺伝子型のノロウイルスが2種類の構造に変化できることを確認した。

ノロウイルス、体内で「非感染型」装って免疫を回避
小川崇 2020年7月9日17時30分

ノロウイルスは「小腸の免疫でしか対抗できない」と読めます。

さらに、感染経路は経口感染だけとは限らないようです。いよいよ「免疫力」が試されるわけです。

ノロウイルスはヒトに対して嘔吐、下痢などの急性胃腸炎症状を起こすが、その多くは数日の経過で自然に回復する。

季節的には秋口から春先に発症者が多くなる冬型の胃腸炎、食中毒の原因ウイルスとして知られている。

ヒトへの感染経路は、主に経口感染(食品、糞口)である。感染者の糞便・吐物およびこれらに直接または間接的に汚染された物品類、そして食中毒としての食品類(…)が感染源の代表的なものとしてあげられる。

ヒトからヒトへの感染として、ノロウイルスが飛沫感染、あるいは比 較的狭い空間などでの空気感染によって感染拡大したとの報告もある。この場合の空気感染とは、結核、麻疹、肺ペストのような広範な空気感染(飛沫核感染) ではないところから、埃とともに周辺に散らばるような塵埃感染という語の方が正確ではないかと考えている。

ノロウイルス感染症とは
国立感染症研究所
PUBLISHED: 2012年12月25日

消毒も信仰のひとつだと思っています。傷は「乾かすよりは湿らせる方が早く治る」と21世紀になってから広く知られるようになったように、西洋医学にまつわる誤解はたくさんあるんだろうと想像しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください