カテゴリー
一日一善日記

セックスの復権に向けて

セックスの意味や身体接触のこだわりは人それぞれ異なる――

こんな基本的な事柄を再認識させる出来事が最近あったので、少し前の経験を絡めてまとめてみました。そして、これからどうしようかを考えました。

※セックスについて少し掘り下げて書くので、PTSDや嫌な経験をお持ちの方は、読むのをやめるか、安全を確保して読んでください。

ヤり方いろいろ

2010年、27歳の頃、当時の関西レインボーパレードにまつわる一連のイベントを通じて、性的指向の縛りから「性別」がなくなったのと同時に、わたしはセックスポジティブへと変身しました。それからの5年間、バイセクシュアルとしての青春を謳歌しました。

※念のために書いておきますが、バイセクシュアル全員がセックスポジティブというわけではありません! むしろ、おそらく少数派です。

レズビアンだけど/FtMだけどちんちん挿入OK、キス以外はOK、まんこ以外はOK、背中だけOK、キスだけならOK、FtMだから脱がない、つき合うならセックス可――

わたしにとって、セックスすることと好意は基本的には別のものです。かわいいとかタイプだとか思っても必ずしもセックスがしたくなるわけではありませんし、セックスできる相手でも「好き」とは限りません。なので「つき合うならセックス可」と言われた時は、諦めました。約束を交わしたい相手ではなかったからです。

とは言え、好きな相手とのセックスはそうでないセックスとは比べられないほど楽しく、気持ちいいです。現在の好きな相手はほとんどセックスをしてくれないので、飢えるあまり、好感を抱いた相手は誰でも誘いたくなるような状態になってしまいました。

最近、そうやって誘った結果、あまり愉快でない状況を招いてしまって、反省しているところです。

セックスは悪いこと?

セックスは悪いことだと思いますか?」と尋ねられたら、誰もが「いいえ」と答えると思います。「場合によっては悪い/良い」と答えるのがせいぜいでしょう。セックスという行為そのものの良し悪しを決めることは難しいはずです。

それにもかかわらず、「あの人のことは好きだけど、肉体関係を持ちたいと思ったことなんかない」「そういうことはしていない」という表現で、なんとなく「恥ずかしいこと」「良からぬこと」として言及される場合があります。

なぜ?という疑問に対する答えとして思い当たるのは「セックスは、水着や下着が隠す部位にまつわる行為だ」という事実です。たいていの人は、性器の形が変わったり濡れたり、普段触らない場所に触れ合ったりするわけです。

それは確かに恥ずかしさを伴います。でも、悪いことではありません。セックスが悪いと感じる人には、セックスが何か悪い物や出来事と結びつけられているのではないでしょうか。体の大事な部位にまつわる嫌な印象は、他のものよりずっと不快なはずです。

そんな行為だからこそ、合意形成にはこだわりたいものです。「一連の行為すべてに2人以上の参加者が合意している状態」でなければ実行されるべきではありませんし、その状態が崩れたら直ちに中断されるべきです。後で「やっぱり嫌だった」と言えないような相手とは、セックスは避けた方がいいかもしれません。

相手に嫌な思い出を残さないように互いに気を付けたいものです。

完璧な合意形成のために

セックスをすることを「ハッテン」と呼ぶことがあります。

わたしは、前述の5年間に「プチハッテン」という言葉を使って「なんでもハッテンになる」ことを示そうとしました。「ハッテンしよう!」と言って右手を差し出し、握手をすることで、「ちょっとした触れ合いでもハッテンと呼べる場合がある」と訴えました。

わたしの感覚では、極端に言えば「セックスと認定することに合意した状態」であれば、その行為はセックスたり得ると思います。反対に、参加者の合意が取れていなければ、その行為はレイプである可能性があります。

ただの握手が「肉体関係を持った」とみなされることは一般的にはありません。でも、そのように主張することはできます。他人の体にめったに触らない人にとって、それは肉体関係と同等の価値があるかもしれません。その人は握手の後で相手にこう尋ねてもいいわけです。

「これはセックスですか?」と。

「いいえ、ただの握手です。セックスしたなんて言わないでください」と言われるに決まっています。でも、もし合意形成ができたら、それは「セックスした」ことになります

もちろん、その主張を聞いた第三者が「それはセックスではない」と否認する可能性はあります。説得力がないからです。でも、セックスはセックスです。合意があるからには、何も恥じる必要はありません。意図を伏せて握手するような卑怯な人間ではないわけですから、胸を張ってください。

冗談だと思う人がいるかもしれませんが、わたしは本気で言っています。性器を使ったセックスに価値を置きすぎるあまり童貞やヤリチンやヤリマンをけなす人がいますが、それよりはずっと健全です。

これから

「プチハッテンなんてくだらない」と自分でここ数年は思っていたものの、これまで書いてきた通り、セックスに対する考え方を転倒させる上では有効な場面はまだありそうです。

なので、プチハッテン、復活させます!

皆さんもぜひお試シください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください