「命」という原則

社会運動に携わる人たちが口にする「原則」という言葉について考えていて、さっき答えがひとつわかった。

たとえば放射能について嘘をつく学者たちがいる。

同様に、気候変動についても、嘘をつく学者たちがいる。

わたしたちにはどちらが本当かはわからない…という時に、「どちらが本当か」を判断する基準が「原則」なんだろうなと、さっき思ったわけです。

人の命、健康、人権

動物の権利

地球環境

真実を追求する時に、闇雲に「正しさ」を求めても、誰も、何も、守れない。「命」を守るためには指針となるものが不可欠…ということを考えていました。




コメントはまだありません


You can leave the first : )



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。