カテゴリー
Technologies

FreeBSD12.0のコンソールで日本語を使う設定

以前に書いた記事を参考にして設定しようとしたのですが、うまく設定できませんでした(笑)

というわけで、新しく書きます。作成・編集する設定ファイルは以下の2つです。

  • /etc/profile
  • /etc/login.conf
# vi /etc/profile
LANG=ja_JP.UTF-8 # 以下の2行を追加する。
export LANG
# vi /etc/login.conf
~~~~~~略~~~~~~
default:\
    ~~~~~~~~~~
    :umask=077:\        # 末尾に \ を追加する。
    :charset=UTF-8:\    # 以下の2行を追加する。
    :lang=ja_JP.UTF-8:
~~~~~~略~~~~~~
# cap_mkdb /etc/login.conf
# chmod 644 /etc/login.conf.db

/etc/vi.exrc を編集する必要はありませんでした。

TeraTermで新しくセッションを開始してログインできることを確かめつつ、一般ユーザーでも vi が期待通りに動作することを確認しましょう!

# vi
あいうえお!

参考: FreeBSD 日本語表示に対応させる設定手順。必読です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください